徹夜した肌には白湯を

徹夜した肌には白湯を

徹夜した肌には白湯を

肌の美容にとって睡眠は欠かすことができません。寝ている間に肌は新陳代謝を行い新しく肌細胞が作られるからです。肌細胞が新しく作られなければ肌表面にはいつまでも古い細胞が残ってしまうことになり、水分を失った古い細胞は肌の乾燥を招いてしまいます。美容のことを考えた場合、数時間でもいいか夜は寝るようにすることが大事ということになります。でも生活の中で今日は夜寝ることができないということも出てきます。自分の趣味の時間を作りたい、明日の仕事の準備で寝る時間がない、受験の追い込みだからなどの理由で徹夜して過ごさないといけないということもあると思います。徹夜明けの肌は化粧乗りが悪く全体的にくすんでいるのが気になってしまいます。そんな徹夜明けの肌にはどんな方法で対処してあげればいいのでしょうか。肌のくすみは血行が悪くなっている証拠。血行を良くしてあげると肌色もよくなるし、メイク乗りもよくなっていきます。そのためにお勧めの方法が白湯を飲むことです。白湯は一度10分くらい沸騰させて、少し覚ましたお湯のことです。余分なものを含まず体を内部から温めてあげて血液の循環を良くしてあげることができます。白湯は血行をよくするだけでなく消化器官の働きを活発にして代謝をアップさせる効果も持っています。徹夜をした後は食欲も落ちてしまうという人も多いと思いますが白湯を飲むことで目が覚め朝食をしっかりと食べることができるようになるはずです。メイクをしたままの肌はそれだけでも老化していきます。特に夜中の長い時間メイクをそのままにしておくことは何十日分も老化してしまうといわれているほど肌に影響があります。なる前にスキンケアを行うということが日常化している人でも徹夜をするとスキンケアを忘れてしまいそのまま過ごしてしまったなんて人も多いと思います。家に帰ったらメイクを落とすという習慣は身に着けておくといいでしょう。徹夜をするときにはメイクだけを落としておけばいいのか疑問に思う人もいるかもしれません。肌は次の日のことを考えてスキンケアをしています。そのため徹夜明けのことを考えた上で保湿を行っておくようにしましょう。夜中は乾燥しやすい時間になります。夏でも涼しい時間となりますし、クーラーをつけたまま過ごすという人も多いかもしれません。メイク崩れに悩まされている人の多くは肌が乾燥しているからです。次の日にメイクをしたけどすぐにメイクが崩れてしまい直すのが大変といった人は前の日の保湿が十分でなかったために肌が乾燥しているからかもしれません。メイク崩れを防ぐことを考えても保湿は十分に行っておくことは大事になります。徹夜で過ごしている人も自分の肌が乾燥しているということには気がつかないまま過ごしている人がたくさんいます。そのためただメイクを落としただけでなく最低限保湿を行ってから一晩過ごすようにすると次の日のメイクトラブルにも悩まされずにすみますよ。高円寺 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ