夏は鉄分の不足に要注意

夏は鉄分の不足に要注意

夏は鉄分の不足に要注意

夏は栄養が足りなくなってバテてしまうこともあります。夏バテと呼ばれ主に鉄分の不足が理由として挙げられます。夏は体のあちこちで夏バテ状態となり、肌も栄養が足りなくなっている可能性があります。栄養の足りない肌は再生を行うことができなくなりますし、若さを維持していくこともできなくなります。夏は汗をよくかきます。汗ってそのほとんどが水分と考えている人もいるかもしれませんが、様々な成分を含んでいて、体の中の栄養も一緒に流れていっています。そのひとつが鉄分なのです。汗を大量にかいて鉄分を食事から摂取できない状態が続いていると肌から鉄分が流れていってしまうことになります。鉄分のようなミネラルは美容に欠かすことのできない栄養素のため、失うことがないように注意していくようにしてください。鉄は吸収効率が特に悪い栄養として知られています。食事から得られるものが少なく、食べても中々吸収されない上、汗をかけばどんどんと体の外に流れていく、夏は鉄分が不足してしまう要因がいくつもあります。鉄分は血液のヘモグロビンを作るために必要になるため、体全体に栄養を運んでいる血液を造るためには鉄分が必要になります。美肌の大敵は血行不良なので鉄分が美容に大きな影響を与えていることがわかります。食事から摂る鉄分の量を普段よりも多めにしてみたり鉄分の吸収効率を上げてくれるビタミンCと一緒に食べたりして工夫してみると鉄分不足も補えるようになります。夏と冬にはそれぞれ肌の老化を加速させてしまう危険な要素があります。でもどちらかというと冬のほうが肌にはきつい季節と考えている人も多いかもしれません。そのため夏のほうが油断も多くなりがちで基本的なケアを怠ってしまう人も多いようです。肌の老化は3つの大きな要素が原因となるといわれています。それが紫外線、酸化、乾燥です。夏ってこの3つの要素が見事にそろっている季節でもあるんです。1年を通して紫外線が一番強くなるのは夏です。紫外線を浴びた肌は光老化を起こしシミ、シワ、たるみといった肌の老化症状を起こすようになっていきます。日焼け止めを使うことはもちろん、紫外線を直接浴びないような工夫が必要になってきます。肌の酸化はストレスや食べ物、生活習慣が影響しますが、紫外線もひとつの影響となります。紫外線の中に含まれているUVAは肌の内部にまで浸透していき酸化を引き起こします。肌が酸化するとコラーゲンが破壊されて潤いやハリなどがなくなっていってしまうわけです。生活習慣の改善、栄養バランスの見直しと紫外線対策を行うことが大事になります。乾燥というと冬にイメージですが、夏も乾燥しやすい季節です。特に夏特有のインナードライは自分では気がつきにくい乾燥肌のため厄介です。冷房に長時間当たっていたり気温差の激しい室内と室外を行き来していると肌は乾燥しやすくなります。室外との温度差を大きくしすぎないこと、直接肌に冷房の風を当てないようにするといったことで対策をしていきましょう。清澄白河 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ