化粧水の保管、冷蔵かはNG

化粧水の保管、冷蔵かはNG

化粧水の保管、冷蔵かはNG

スキンケアをするときに化粧水を使わないという人はあまり多くないと思います。多くの人が自分なりにこだわった化粧水を使ってスキンケアをしているはずです。夏は肌から水分が失われやすいため化粧水を使うということはとても大事な工程となります。肌に水分を補給するために必要な化粧水ですが、冷やして使っているという人も多いのではないでしょうか。夏は肌の温度が高くなるため化粧水を冷やして使うと気持ちよかったり、毛穴の引き締め効果を期待して冷やして使っているなんて人も多いかもしれません。でも化粧水を使うときには冷やして使うというのはあまり効果的な方法とはいえません。冷やすことによる毛穴の引き締め効果は一時的なもので時間がたてば元通りになってしまいます。また冷やすことにより化粧水に含まれている美容成分が力を失ってしまう可能性もあります。冷えた化粧水は結晶となって残ってしまい、肌に使ったときに肌を傷つけてしまう可能性もあるようです。化粧水の劣化を早め、さらに肌をいためてしまう可能性もあるため冷蔵庫などでの保存は避けるようにしてください。保存方法としては高温多湿を避けた涼しい場所に保管するというのは大事です。化粧水を使うときには手の平で肌の温度に近い状態にしてから使うというのが正しい使い方です。肌と温度が同じになるとそれだけ浸透率が高くなり肌にも水分が染み渡りやすくなります。化粧水の間違った使い方を改善して乾燥に有効なスキンケアを行っていくようにしましょう。夏は紫外線の多くなる季節です。そのためシミのできやすい季節といえます。シミができないようにするためには美白ケアが大事で、メラニンの生成を抑えることが基本と考えている人も多いと思います。その方法も大事なわけですが、メラニンは紫外線から肌を守るために必要なものであるため生成を抑えておけばいいというものでもありません。メラニンの働きを抑えるのではなくシミ対策を行っていく方法はないのでしょうか。シミ対策の方法として有効な手段にピーリングがあります。ピーリングケアは肌に残ってしまった古い角質を洗い流す方法として実際に行っている人も多いと思いますが、ピーリングケアによって古い角質が流されていくとシミとなった肌の角質細胞も洗い流していくことができます。肌にシミとなって残ってしまうのはターンオーバーの乱れから古い細胞が洗い流されることなく肌表面に残ってしまうからです。だから古い角質を洗い流してあげれば自然とシミも消えていくというわけです。夏の間にできたしみが消えることなく肌に残ってしまったという人はピーリングを行ってみると消すことができるかもしれません。シミ対策に効果のあるピーリングですが、ピーリングのやりすぎはターンオーバーを早めてしまい肌あれの原因にもなります。毎日ピーリングケアをしていく必要はありません。定期的にケアを行っていき、肌に残った古い角質を洗い流していくようにすることがポイントになりますよ。岩槻 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ