髪の毛の成長サイクルを理解してきれいな髪の毛を育てよう

髪の毛の成長サイクルを理解してきれいな髪の毛を育てよう

髪の毛の成長サイクルを理解してきれいな髪の毛を育てよう

綺麗な髪の毛を維持するためには髪の毛がどのように成長しているのかを知ってみることも大事です。抜け毛の本数を心配している人も沢山いますが、余り心配しすぎていると正常なのにストレスが溜まり、本当に髪の毛が抜けすぎになってしまうこともあります。全体の毛髪は平均で10万本と言われ(個人差の違いで12〜13万の人もいれば6万〜7万くらいの人もいる)、その髪の毛が4年〜5年(これも性別による違いと個人差で大きく変わる)かけて成長します。髪の毛の成長サイクルは成長期、退行期、休止期に分けられていますが、成長期は全体の8割以上を占めています。つまりほとんどの時間成長し続けているというわけです。ほぼ成長に使われているということを考えても、髪の毛には常に栄養が必要ということになり、栄養の不足は十分な成長が行なわれなくなるという事でもあります。普段の食生活と、さらには栄養を運ぶ血液の流れが綺麗な髪の毛を育てるのに特に重要なのです。退行期は全体の1%程度といわれ、この間に髪の毛の成長は止まり抜けるようになります。抜け毛の本数ですが、髪の毛の量に個人差があるように抜け毛にも個人差があります。ただ1日100本程度は普通に抜けていますので気にしすぎないことです。休止期を迎えると3〜4か月の間は髪の毛が生えてきません。髪の毛が薄くなってきたと感じている人は休止期の期間が長くなってきています。休止期が長引くことを嘆くよりも、生えてきた髪の毛が少しでも長く伸びてくれることを考えて頭皮をケアし、成長期も常に頭皮の環境を整え続けることが髪の毛の成長には必要不可欠なのです。吉祥寺 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ